NEWSイベント・お知らせ

2024年5月21日 新築現場

断熱材そして断熱材

外部の付加断熱材が大量入荷に続いて今度は室内の充填用断熱材
セルロースファイバーが続けて大量入荷
この度の「上市の家」では勾配天井なりに厚さ300ミリの空間にセルローズを充填。
吹いててどこまで入るんかいなと不安になるほど入っていきます

天井吹込みの写真がありませんでした

このセルロースの施工も弊社では大工さんたちと私で自社施工をしています
これが結構過酷。
この時期はまだよいのですが、セルロースファイバーは新聞を細かく砕いて作られる断熱材
なので、施工中ものすごいほこりというかセルロースが現場内が舞い散ります
あっという間に全身セルローズまみれ・・・
これが汗とともに体につくとなかなかとれない
でも、自分たちで施工することで確実に詰め込んだことが確認できる
下地があ~なってたからこんな風に吹き込まないとうまいこと詰まらないかもということが
下地から手掛けているからわかります

このように自信をもって断熱材を施工していくためにも自社施工はこだわっていきたい
でも、

施工中は神無状態です


ブログ一覧へ戻る