STORY住まいのコラム

小さなエネルギーで豊かな暮らしを!

〜夏の暑さをしのぐパッシブデザインの考え方〜

2018年の夏は、大変な猛暑に見舞われました。国立環境研究所の調査によると、救急搬送された熱中症患者の3割以上が室内で倒れているそうです。
真夏に室内に入ってくる熱の約70%は窓から入ってきます。
この熱を”何とか”することができれば、室内環境をずいぶんよくすることができます。

「うちの雰囲気にすだれはちょっと…」という方にも、最近では、スタイリッシュな窓の外側につけるロールスクリーンのようなものや外構のメーカーが出している丈夫なシェード(布)もあり、選択肢はずいぶん増えています。

この様な工夫で、夏の室内環境を向上させて、エアコンの負荷を減らすことができ、省エネにもつながります。

夏の暑さをしのぎ、省エネと快適を実現させるためにも、お気軽にご相談ください。

一覧を見る